「一秒でも長く、大切な人と一緒に居られるまち」を目指します

誰ひとり置き去りにしない、誰もが住みやすい環境をつくります

■子育て、教育、福祉
●いじめ、不登校対策の強化
●学童クラブの待機児童や子どもの教育格差の解消
●宇宙ケヤキを活用し、星出宇宙飛行士と子供たちの交流を実現
●高齢者の学びの支援として、寿大学の内容の充実
●仕事と子育ての両立支援、家庭で育児する保護者の育児支援
●介護予防事業の充実、在宅医療・介護の連携推進
●障がい者の生きがい(スポーツ、就労等)を支援
●高齢者の外出を助ける地域公共交通(チョイソコ等)の実現

活力とにぎわいのあるまちづくりを進め、財政の健全化を目指します

■産業・都市整備・防災 等
●商店街活性化、観光拠点の整備
(武蔵五日市駅前)、地域人材づくり
●農林漁業の活性化
(秋川ファーマーズセンター建替支援、獣害対策等)
●子ども歌舞伎やお囃子、地域で愛される唄や音頭等の支援など
●消防団員の確保と処遇改善、装備品の強化、防災安心地域委員会等との
連携強化

●「草花大橋開通を約4年で実現」を目標に都と調整
●増戸地区の防災道路の整備
●五日市線電車の増発と多摩都市モノレールあきる野への延伸に向けた取り組み推進

●武蔵引田駅土地区画整理事業の推進
●地球温暖化対策の推進(脱炭素化、省エネ・再エネ促進等)

■行財政改革
●老朽化した公共施設等の再編計画策定
●情報政策組織の設置、庁内業務のデジタル化(AI、RPA導入)
●自主財源の確保(秋川高校跡地等への企業誘致)など

皆様の声が通じるまちづくりを進めます

●潜在的な意見を市政に反映
●約40年前のタイムカプセル
(秋川市政施行記念)を開封